商談数を増やすなら優先すべきはISそれとも広告?~商談数増加を果たしてきた2社が語る「課題に応じた販促施策の最適化」とは~

本ウェビナーはBtoBマーケターを対象に、インサイドセールスと運用型広告を駆使し、商談数を最大化する実践的なアプローチを共有いたします。
当日は商談数を4倍以上に増加させ、平均商談化率を30%以上向上させた実績を持つセールスリクエスト社と、広告予算をそのままに商談数を2倍以上に増加させたオーリーズの2社が、パネルディスカッション形式で議論いたします。

BtoB企業において、THE MODELに代表される「営業プロセスの分業化」の導入は効果的なコミュニケーションを実現しますが、一部門ごとに異なるKPIを持つことから、マーケティング部門はリード数、インサイドセールスは架電量などに焦点を当て、本来の目的である売上や受注・成約との関連性を見失ってしまうケースが多いです。

そうした状況に対して、本ウェビナーでは「商談数を増やすなら優先すべきはインサイドセールスそれとも広告?」と題し、両社の成功事例に基づいて、課題や状況に応じてどのような優先順位で商談数増加の施策に取り組むべきかお伝えします。

もちろん商談を増やすために取り組むべき課題とそのアプローチ方法は、手持ちのリソースやインサイドセールス・広告の現状によって各社異なります。
そのため、当日はみなさまの状況に即した話ができるよう、各社の支援実績をもとにできるだけ具体的に議論するとともに参加者のみなさまからのご質問も交えながら進行したく考えています。
両社の試行錯誤やすぐに実績出来るノウハウをお伝えしますので、ぜひ奮ってご参加くださいませ。

■このような課題やご要望をお持ちの方におすすめ

・商談増加に対してすぐに使えるノウハウを探している方
・広告・インサイドセールスで商談を増やしたいが、どこから手をつけるべきか明確になっていない方
・成果の頭打ちを感じているBtoB事業者

※広告代理店、マーケティング関連、SFA/MA提供企業など同業者様からの参加はご遠慮いただいております

セミナー概要

日時2023年12月19日(火) 12:00~13:00 ライブ配信
参加費無料
定員50名
会場Zoomオンライン
※参加申し込みをして頂いた方へのみ、開催日当日に別途、視聴用URLをお知らせいたします。
※視聴に必要な環境(PC・スマホ・ネット環境)のご準備をお願いいたします。

登壇者について

株式会社セールスリクエスト
IS支援事業 マネージャー
鶴巻 百門

2017年に株式会社サーキュレーション入社。新卒初の支社立ち上げメンバーとして東海支社立ち上げに従事。
その後、マツリカにジョインしカスタマーサクセスを担当。カスタマーサクセスマネージャーとして、200社以上のSFAの導入〜活用定着支援に従事。また、カスタマーサクセスのSMBチームのリーダーとしてマネジメントやテックタッチ、コミュニティ施策なども推進。現在はセールスリクエストのマネージャーとしてIS支援に従事。

株式会社オーリーズ
執行役員 COO 
宇賀田 徹

東証一部上場不動産系事業会社にて入社。経営企画室に所属し新規事業の立ち上げを行う。 主にBtoBビジネス領域のWebメディア運用を通じて、SEMやCRMを含むマーケティング施策の企画・ディレクションを中心とした業務を遂行。 事業拡大と同時に、デジタルマーケティングの可能性について追求している中、オーリーズと出会い入社を決意。マネージャーを経てCOOに就任し、経営企画とデジタルマーケティングに携わった経験を活かし、オーリーズを発展させるべく日々邁進中。

参加までの流れ

下記リンクよりお申し込みください。
お申し込み頂いた方へのみ、視聴用URLお知らせいたします。
当日、視聴用URLにアクセスください。ご参加をお待ちしております。

プライバシーポリシー

本ウェビナー参加にあたり、個人情報の管理については、当社のプライバシーポリシーに基づき厳重に管理いたします。詳細はこちらをご確認ください。

その他のセミナーはこちら